読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【心療内科】 渋谷・九段下・池袋・新宿・品川・秋葉原・上野 ゆうメンタルクリニック

渋谷・九段下・池袋・新宿・品川・秋葉原・上野などからすぐに到着できる心療内科・精神科

プラスイメージはこう使う (中編)

 


前回の内容を簡単にまとめると、

「いいイメージを持つことで、気持ちは必ずラクになる。そして、そのときの自分の力を、最大限に発揮することができる! では手軽にできてなおかつ有用な、最高のイメージとは、どんなものか!?」ということですね。

 

 

「同化・異化作用」というものをご存じでしょうか?

たとえばご飯を食べると、その栄養分が、体の中で吸収されます。食べた栄養が、すべてその日のうちに使われることはほとんどありません。余った分は、グリコーゲンなどに形を変え、体の中に「貯蔵」されます。そして、必要になったときに、少しずつ「解凍され」、その段階でエネルギーが放出されます。

 

ここでの「貯蔵される」段階を「同化」、

「解凍される」段階を「異化」といいます。

 

あなたは今、こうして生きている。

ということは、体の中では、常に「異化」が起こって、エネルギーが放出されているのです。

 

この異化作用を細かく表すと、

「(栄養分に含まれる)炭素」+「酸素」で、「二酸化炭素」と「エネルギー」が生み出される仕組みです。これは、木などが燃える、「燃焼作用」と同じ構造なのです。

木が燃えて起こる炎は、熱く、明るいすね。これは、木に含まれる炭素が燃えて、「熱エネルギー」と「光エネルギー」を出している証拠です。

 

まとめると、人間の体は、「常に燃えている」状態にあります。

その燃やす材料は、「同化」によって体の一部として蓄えられた栄養分です。

 

つまり、人は「自分の体を燃やしつづけて、生きています」。

24時間、1分1秒たりとも、あなたの体が燃えていない時はありません!

 

だから、例えるなら人間は、走っていようが止まっていようが、常にエンジンがかかっている車と同じです。ということは、あなたがやる気が沸かず、ボーッとしているとき…、エンジンは全開なのに、ドライバーは熟睡しているのと同じ状態なのです。

 

これはやはりエネルギーの無駄ですよね。

そのような状態から抜け出し、やる気を復活させるにはどうようなイメージを持てばいいのでしょうか。

 

答えは、

「体中が炎に包まれている状態を、イメージしよう」!

 

急に言われても誰もできないので、小さなことからやっていきます。

 

まず、両手を近づけ、そして手を合わせます。

その時に、余裕があれば「パン!」と手を叩いてみよう。もちろん叩かなくてかまいません。そして、両手が「炎そのもの」になって、ものすごい熱を発しているようにイメージするのです。

 

メインはこれだけです。

あとはとても簡単。両手が熱いんだから、あなたはその手をどうするでしょうか?分かりやすく想像するなら、両手にアイロンを持ってるのと同じです。まさかその手で、頬杖ついたり、腕組みしたりはしませんよね。

そう。その手は常に、体に触れないように保たなければなりません。

 

実は手を体から離すことはとても重要です。それによってイメージをより強め、やる気と緊張感を高めるのと同時に、手を体から離したポジションにすることで「ボディゾーン」をより広く取ることになるからです。

 

次回予告:ボディゾーンとは一体!? そして、簡単にプラスイメージを持つ方法の完成形を紹介します。